アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ロックダウン

◆◆ オレンジゼリー ◆◆
d0086253_1123055.jpg

この間、お友達と家でお茶した時に、教えてもらったレシピで作りました。

Mさん、早速のレシピありがとう。

翌日にはトライして、子供達にも好評。その2日後には、グレープジュースで作ってみたら
父も『美味しい』と食べていました。

甘すぎないのが良いかも。次は、アップルジュースで。簡単なのがいいよね。

。゜。゜。゜。゜。゜

昨日、学校へ子供達を迎えに行った車中でのこと。

「今日、ロックダウンがあって授業が延びたから焦っちゃった。早くBANDシャツに着替えなきゃいけなかったのに」 >アネキ

「だから、お姉ちゃん達遅かったんだ。あたし達の学校もこの間、避難訓練やったよ。」 >ちゅるこ

「訓練じゃないってば」 >アネキ

「????????」 >私

何の会話かというと・・・2つの話がごちゃ混ぜになっているので、整理しましょう。

1つ目。

昨日、アネキ達ハイスクールバンドの生徒は、ちゅるこの通う小学校へ出向いてミニコンサートを開きました。

その到着が、予定よりも若干遅れたらしいのです。

で、遅れた理由というのが「Lock down(ロックダウン)」が行なわれたからということ。

2つ目。
では、Lock downとは何ぞや?

それは、読んで字の如く「鍵が下がる」つまり、施錠をするということらしい。

すべての教室の鍵を施錠し、「教室から出てもいいよ」という校内放送が入るまで、1歩も出てはいけないのだそう。トイレもガマン。

どんな時に行なわれるかというと、「校内に不審者がいる」、「ドラッグを持ち込んだ生徒がいる」、「爆破予告があった」などなどの情報があった場合、行なわれるのだそう。

もちろん、訓練ではありません。

Lock downには、2通りあるらしく、1つは施錠した教室内では通常通り授業が行なわれるパターン。

もう一つは、照明を消して教室のドア(ガラスの部分)から見えない死角に生徒は隠れて、次の指示を待つというもの。このパターンは、場合によっては校外への避難もあり。

アネキは今年、2度目のロックダウンを経験しました。

1度めは、「爆破予告」で前述の後者に当たるもの。教室内は真っ暗で、ただひっそりと解除される時を待っていたらしい。

昨日は、前者に当たるもので、施錠後は授業も普通に行なわれたのだそう。

どうやら、ドラッグを持ち込んだ生徒がいる・・・という情報によるものだったらしく、警察と共に「麻薬探知犬」もやって来て、しきりに教室内の「物」の臭いを嗅いでいたらしい。

アネキは、「探知犬のターゲットが物で良かったよね~。人じゃなくて。」なんて呑気なことを言っていました。

高校に、爆破予告やらドラッグの持ち込み・・・って、どういうこと?!

それが現実だから、よけいに恐ろしい。

1度目のロックダウンは、たまたま数学の授業中で、先生が「こんなことは、めったにあることじゃないから、今年はこれが最初で最後よ」と言ったらしく、

昨日は生徒の間で、「2度目が来ちゃったね~」とつぶやかれていたらしい。

アネキの同級生が「去年なんか(中学で)、ロックダウンが何回あったことか!」と日常茶飯事のように言ったとか。

・・・それって、どうよ。そんなんで大丈夫なんだろうか・・・。
[PR]
by tnorange | 2008-11-20 11:10 | 普段

Election Day 2008

今日は、アメリカ大統領選の投票日。

色々な意味で、注目を浴びていますよね。

黒人初の大統領なるか・・・とか、女性初の副大統領なるか・・・とか、最年長記録更新の大統領なるか・・・とか。

アメリカシチズンでない私は、傍観者として今、テレビの開票速報を見ながら初の現地体験をしております。

。゜。゜。゜。゜。゜

アメリカは、18歳から有権者の仲間入り。

でもね、投票権のない子供たちまでも、学校で投票をするんですよ。オドロキ。

アネキもちゅるこも、ハイスクールでエレメンタリースクールで、各々投票がありました。

テネシーは、保守地盤なので圧倒的に共和党のMcCainの勝利だったんですけどね。

学校でだけでなく、現実にテネシーはMcCainが勝ちましたね。


こっちの子供たちって、普通に「大統領は誰がいい」とかいう話題になるんですね。友達同士の会話の中で。

もちろん、中には親の受け売りっていう子もいるでしょうけれど、それぞれに自分の主張を持っていて、「こういう点がこうだから、私は○○を応援するわ」って感じ。

こういうの、日本の子供たちでは作りえないシチュエーションだと思うのは私だけ?

「私は、麻生さんより小沢さんの方がいいと思う。だって・・・」なんてこと、高校生が言ったりするとこ見たことあります?

この違いは、どこからくるんだろう。すごく興味深いと思いません?

ある記事を読んだんですけど、

「日本の場合、誰が首相になっても政策自体がガラッと変わることはないから、国民にとって政治が身近にならない。でもアメリカは、共和党になるか民主党になるかでは、政策が天と地ほどの差があるから、ひいては直接個人の生活に影響が出てくる。だから、無関心ではいられない」

と書いてありました。・・・そういうことなんでしょうか。

まもなく、11月4日の午後10時。明日は、この話題でもちきりなんでしょうね。

ちなみに、投票日の今日、学校は休校でした。それもすごい。
[PR]
by tnorange | 2008-11-04 21:19 | 普段

Halloween

◆◆ 化粧してみた ◆◆
d0086253_1512080.jpg

10月31日。

陽射しが強くて、暑いくらいの日中。さすがに、日が沈むとぐっと冷え込みましたが、ここ数日よりずっと暖かかったですよ。

今年のアネキとちゅるこは、こんなです。
d0086253_1542556.jpg


不景気の影響でしょうか。こころなしか、例年よりキャンディーを配る家が少なかったような気がしました。

キャンディーを配らない家は、家中の灯りを消して真っ暗にしておくのがお約束。

その真っ暗な家が多かった事と、キャンディーをくれる量も、1件当たり2~3個で。

今までは、「一掴み」って感じだったんですけどね。

。゜。゜。゜。゜。゜

「TN-ORANGEさんちの辺りって、自然がいっぱいって感じだよね」と、同じ市内に住む方に言われるようなところに住んでいる私。

小さな家なので、総床面積よりも庭のほうが広い。馬のいななきも聞こえるし、近所で牛にもドンキーにも会える。

サブディビジョンの中でもない我が家に、「trick or treat!」なんてやってくる子供はいないだろうと思われ、毎年よそのサブディビジョンへ遠征に出かけているんです。

だから近所で、本当にキャンディーを配る家があるのかないのかも知らないのが実情。

その時間帯に家にいたことがないから。

ところが今年、最もピークと思われる7:30p.m.過ぎに家に帰りました。

ちゅるこのあの格好。「寒すぎる」とギブアップしたので、着替える為にちょっと中断。

で、4年目にして初めて家の周りの様子を知ることが出来ました。

結果は・・・・・・・・

やっぱりね。辺り一帯、真っ暗。あっ、お隣さんは堂々と灯りがついていました。

ついていても、ここまで道路から入り込んでキャンディーをもらいに来る人もいないか。

潔すぎる。うん。

。゜。゜。゜。゜。゜
2夜明けて、今日は日曜日。

2008年のDaylight savingが終わりを告げた日です。

家中の時計の針を1時間戻して。いよいよ、冬へまっしぐら。

ハロウィンも終わって、次に待つのはサンクスギビング。昨日、ウォルマートは大ハロウィングッズ叩き売りをしてました。

クラフトショップは、クリスマスグッズが売り場面積拡大中。

今日もいいお天気で、近所の公園にまた行こうかと言っていたのに、アネキが大爆弾を投下。

ブログの上で、あーだこーだという気はさらさらありません。

私の考えは、あなたに伝えましたよ。あなたも、公すぎる場で訴えずに直接言いなさいね。

外に出ないから(?)、ちゅること「しゅしゅ」作り。
d0086253_2504890.jpg


家にあった端きれだけど、カンタンにたくさん、色々な柄で作れるからいいよね。

ちゅるこも初めて、ミシンに挑戦。結構、うまくいったじゃない?
[PR]
by tnorange | 2008-11-02 11:49 | 普段