アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Halloween

◆◆ いざ、出陣 ◆◆
d0086253_9563444.jpg


ここに住み始めて、3度目のハロウィンがやってきました。

去年はこちらへ。

数日前から、霜が降りたりと朝夕の冷え込みが厳しかったので心配しいていたのですが、今日は結構暖かめ。

なにしろ、ぺらぺらの衣装を着て歩くので風邪を引きはしないかと心配していましたが、一安心。

今年は、父も初めて参加です。

。゜。゜。゜。゜。゜

去年までは、住宅地(サブディビジョン)に住んでいる日本人のお宅に車を置かせてもらって、その住宅地の中を歩いて回っていました。

今年は、父がいるということで今まで行ったことのない所へGO!

まず、1件目。

ちゅるこの同級生の家。てっきり、サブディビジョンの中にあると思いきや、思いっきり
1軒家。

おまけに、豪邸。ちゅるこの通っている学校は、私学なのでほとんどの生徒はお金持ちのご子息やら、ご令嬢・・・?

学校イベントは、何をやってもお金の動く桁が違う。

(ちなみに、うちがこの学校に通わせているのは、言ってみれば成り行きでして。決して、金持ちだからではありません。・・・なんてことを、声高に言うのもなんだけど)

そんなことは、どうでもいいのよ。で、そのお友達の家業(?)をこの夜初めて知りました。

コレ。

このサイトの写真の女の子が、ちゅるこのクラスメイトです。

私のブログにも過去に登場したことがある「ニコルちゃん」がその彼女。

で、今回の Trick or Treating でもらったのも、キャンディーではなく、キャラメルアップル。

普通は、1人1個のところ「ちゅるこは、友達だから」と2個もらってきました。

ついでにアネキも2個。

でも、彼女達食べられないのよね。キャラメルアップル。どうすんのさ。

。゜。゜。゜。゜。゜

その後、あっちのサブディビジョン、こっちのサブディビジョンを転々として(渋滞に巻き込まれながら)お菓子をもらい歩きました。

所要時間 約3時間。

こうして、今年のハロウィンの夜も更けていきましたとさ。
[PR]
by tnorange | 2007-10-31 22:55 | 普段

冷込み

◆◆ 初霜 ◆◆
d0086253_23342925.jpg


さっむ~。朝の8時過ぎ。随分と日が昇るのも遅くなりました。

例のあてにならない、車の気温計を見たら、外は約2℃。

今朝、初霜を観測。

明日は、Halloweenだというのに、こんなに寒くなっちゃって。

とっぷりと日が暮れてから、ぺらぺらの衣装を着て歩き回る子供たちを思うと、風邪をひきそう。

1週間前は、こんな感じだったのに。
d0086253_23434698.jpg


今日はこんな感じ。
d0086253_212502.jpg


木々も色づいたり、葉を落としたり、すっかり秋ですね。
[PR]
by tnorange | 2007-10-30 08:32 | 普段

Chattanooga

「1度は行かないと、East Tennesseeに住んだ証にならないよ。」と言われ、以前からそのうち行こうと思っていた Chattanooga へようやく行って来ました。

我が家から西へ約3時間30分くらいの所にある町。

南北戦争の激戦地として、また、Chattanooga chu chuとして知られる観光地です。

行ったことのある方々は、口を揃えて「1度は、行ったほうがいいよ。」とはおっしゃるのですが、

「何度行ってもいい」という人がいないのは、ナゼ?

・・・と、暗黙の了承事項を胸に訪れたのは、「Rock City」 と 「Ruby Falls」。

。゜。゜。゜。゜。゜

Rock City

色々な形の石からなる庭をずんずん歩いて行きます。
d0086253_22364764.jpg

これが結構おもしろい。針の穴と名づけられた、狭い石のすき間を歩いたり、
d0086253_234366.jpg

1000トンもの重さの石を2点で支えている絶妙なバランスの石があったり・・・。

そして、最後に到着するのは、ここです。
d0086253_22193778.jpg

ここからは、7つの州が見渡せるのだそうです。
d0086253_2220367.jpg


。゜。゜。゜。゜。゜

Ruby Falls

こちらは、いわゆる鍾乳洞。エレベーターで一気に、80mを下ります。
d0086253_2310615.jpg

そして、鍾乳洞の中を歩き進むと・・・
d0086253_226510.jpg

地下341mの滝ですよ。辿り着いた時には、「おぉ~」とプチ歓声。

白っぽく写っているのが滝です。滝壷にライトがセットされていて、青や赤や黄色といった具合に、滝を照らしています。BGMつきで。

ちょっと演出しすぎ? と思わなくもありませんが、何しろ地下のこと。

このライトが消えると、一瞬にして滝は姿を消すのです。

そう、真っ暗で水の落ちる音しか聞こえないんですよ。

滝の裏側にも行けて、なかなかのものでした。

。゜。゜。゜。゜。゜

1度は、行ったほうがいい」

というのも、頷けなくはないですが、私達家族は予想以上に楽しめました。

帰りは、アネキのリクエストで 「Chickamauga & Chattanooga National Military Park」 に寄りました。

Visitor Centerには、南北戦争(Civil War)について写真などがパネルで展示されていました。

当時の広告を拡大コピーしたパネルの中に、「黒人売ります」というものがあって、名前と年齢と売値が。

今なお、差別問題の残るこの国の一端を垣間見る気がしましたね。

今回の旅は、ショートステイでしたが、「行ってよかったね」と言えるものになりました。
[PR]
by tnorange | 2007-10-28 21:29 | おでかけ

◆◆ チェロキー湖 ◆◆
d0086253_21403416.jpg


少しずつ、秋の気配も感じられるようになりました。

あまりに気持ちがいい日だったので、学校帰りに寄り道。

近所にキャンプ場も設備した、State Parkがあります。そこからの眺め。思わず深呼吸したくなる景色でしょ?

先週の金曜日からぐぐっと冷え込んだこの辺りですが、今週に入ってまた気温は上がりつつあります。

土曜日に、ClintonのAntique Festivalへ行きました。

d0086253_21474375.jpg


毎年、春と秋の2回開かれます。

今年も朝は、ぶるぶるっとするくらいでしたがお天気が良くて、昼間はTシャツでOK。

たくさんのディーラーと人出でした。
d0086253_21514050.jpg

みんな、骨董好きなんですね。
[PR]
by tnorange | 2007-10-17 08:39 | 普段

Blessing of the Animals

◆◆ ただいま ◆◆
d0086253_21581910.jpg


朝のお勤めを終わって、学校から帰ってきました。

恒例の「Blessing of the Animals」が、今朝ちゅるこの学校で開かれました。

去年は、11月の初めに行なわれました。一昨年もその頃。寒くてね。こごえるほど。

でも、今年は例年よりも早い時期だったので気持ちのいい朝でしたよ。

写真の白い式服を着ているのは、神父さま。ちゅるこの学校は、クリスチャンの学校なので毎週水曜日に、彼女が来て全校生徒がお祈りをする儀式があります。

で、今日は彼女が「登校」した動物たちに1頭(匹もあり)ずつ、お祈りをしてくれたわけです。

。゜。゜。゜。゜。゜

普段、チェルシーの世話を全然しないちゅるこは、どうしてもチェルシーを連れて行きたかったらしく、

「しばらく洗ってないから、連れて行かないよ!ばっちぃもん。」という私に、

「じゃあ、私が洗うから。お願いだから明日連れてって。」と夕べ遅くなってから、チェルシーをシャンプーしていました。

「そこまでして、連れて行きたいの?」 >私

「うんっ!」 >ちゅるこ

というわけで、約束通り今朝はチェルシーも一緒に登校したわけです。
d0086253_2255744.jpg

神のご加護があるかどうかは別として、「ペット大集合」大会は子供達にとっては楽しいイベントのようです。
[PR]
by tnorange | 2007-10-10 08:55 | 普段

Conference

◆◆ ちぎりパン with クッキー生地 ◆◆
d0086253_2217595.jpg


とろとろのクッキー生地を2次醗酵後にかけて、焼きました。

焼きたては、おいしいかったけれど冷めるともう少し「甘味」を求めてしまいます。

今週の金曜日に、学校で「Bake Sale」というのが開かれます。

これは、保護者がクッキーやケーキやパンを焼いて子供に持たせ、それを売って売上を学校へ寄付するというものです。

いつもは、何でもOKなのですが、今年はキンダーから8年生の親は、「パイかケーキかパン」という指定がありました。

おまけに必ず「求む!Sugar Free」なんです。

で、登場するのがコレ。
d0086253_22265085.jpg
いわゆる人工甘味料です。

試しに砂糖の代わりに使って、パンを焼いてみました。プレーンの食パンを焼いてみたら、「微妙に後味が・・・」とは、アネキの弁。

確かに、人工甘味料独特の後味はありましたが、くるみなどを混ぜ込んだ物だとほとんど気になりませんでした。

それに、問題なく醗酵できたので、今回はSplendaを使ってパンを焼きます。


。゜。゜。゜。゜。゜

今日は、アネキのカンファレンスがありました。

いわゆる、保護者会。本人も参加したので、3者面談といったところですね。

各教科の先生とテーブルを囲んで、教科担任から成績について説明を受けます。

彼女の担任は、数学の先生なんですけれど

「彼女は、僕のクラスでは退屈なんですよ」と。現在、補習校での内容とラップした分野をやっていて、補習校の方が先に進んでいるので、「スラスラ解けてしまう」という状態にあるんです。

先生は、他の教材を用意して彼女にとってもっと有意義な授業になるようにしたほうがいいんじゃないか・・・とか、とても意欲的に考えていてくれて有り難い限りでした。

父親からは、「習った事をやっているなら尚更の事、ケアレスミスをなくせ!」って突っ込まれていましたけれど。

それは、大事な事ですよ。アネキ。
[PR]
by tnorange | 2007-10-09 22:16 | 家族

International Festival

今日は、近所のカレッジで「第4回 インターナショナルフェスティバル」が開かれました。

今年のテーマは、「Wedding」。日本ブースでは、色内掛け(持っている方がみえるんですヨ)や黒留袖を飾って、結婚式場のビデオを流し、結婚式の写真やはこせこなどの小物類の展示もしました。

私は何をしたかというと、「アーモンドチュイール」の製造・販売。

我が町在住の駐在妻9人で、1人当たり40枚以上のアーモンドチュイ-ルを焼いて、袋詰めして売りました。

他の方々は、厚手の紙で正方形のBOXを作って、蓋の上に折り紙で折った「薔薇」をあしらったGift Boxを製造・販売。

両方とも好評で、完売御礼!!

このうち、約10%はカレッジへのドネ-ション。そこから、材料費を差し引いたものが売上です。

売上は、微々たるものなので、今日のみんなのお昼代に変身。

日本を知ってもらうための100%ボランティアですね。

。゜。゜。゜。゜。゜

このイベントは、カレッジの学生向けに行なわれるものなので、多くの来場者は学生や大学関係者。

「日本へ行ったことがある、又は住んだことがある」という人は、こんな田舎でも結構いるもので。

今日は、とびきり不思議君が。

彼は、この大学の学生らしいのだけれどとにかく日本大好き

i-PODもどきには、Japanese Musicが入っているらしく、イヤホンを差し出し「聴いてみて」と言う。

聴いた人に尋ねてみれば、「嵐」の歌だったのだそう。

アーモンドチュイールを買うと言って、お金がなかなか出てこず、バックの中身をテーブルにのせて、探し始めた彼。

テーブルの上に載せられたのは、なんとハイチュー

思わず「どこで買ったの?」と聞いたら、インターネットのアジアグロッサリーサイトでオーダーするとのこと。

「いつも、インターネットで買うんだ」と嬉しげ。おまけに、マンガも出てきました。

長い時間、ブースの前にいて「あーでもない、こーでもない」としゃべった揚句、去り際に必ず「I'll be back!」と言って、去っていく。

「また、来るのぉ?」状態の私達を残して、不思議君は去っていきました。

このパターンを繰り返すこと3回。

もちろん、ちゃんと戻ってきましたとも。最後は、「となりのトトロ」のねこバスのぬいぐるみを持って。

「今、お父さんに家から持ってきてもらったんだよ」と。

夕刻に、「My neighbor Totoro」(そのまんまのタイトルね・・・)が上映されることになっていたから、どうしても見せたかったんでしょうね。私たちに。

いわゆるところの「オタク」?

「今日は、2:50p.m.からClassがあるんだけど、トトロも見たいし(3:00p.m.上映開始)どうしよう」と真剣に悩んでいました。

あの雰囲気は、きっと授業さぼったよ。
[PR]
by tnorange | 2007-10-08 20:44 | 普段

日の出

◆◆ スイートポテト ◆◆
d0086253_2352258.jpg


大きなさつま芋が1本あったので、スイートポテトを作りました。

パンも焼いたけれど、3時のおやつにあれよあれよという間に消えていきますね。

食べ過ぎ? でも、フードカラーで「赤」「青」「黄」「ピンク」に色どられたスナックを食べるよりは、ましですよね。

アネキが「これって、デービットスターだよね。(英語で)」と。

「でーびっと?」 >私

「ダビデの星って言ったの。このアルミケースの星型って、ユダヤ教の・・・」 >アネキ

「そんなん知らん。」 >私

いいのよ、芋がおいしけりゃ。

。゜。゜。゜。゜。゜

最近の日の出時間は、7:30頃。日の入りも午後の似たような時間。ちょうど、1日の半分が明るい状態です。

毎朝、車で学校へ送る時間は、まだ太陽の位置が低くて、とても眩しいのですよ。

サングラスは必須。サンバイザーは役にたちません。おまけに、東(微妙に北東)の方向に学校があるので、太陽がまともに目に飛び込んできます。

子供たちを降ろして、家に戻る時は「ドアミラー」にすっぽり入る太陽。

それはそれは、眩しい。目がチカチカします。
[PR]
by tnorange | 2007-10-03 23:19 | 普段

運動会

◆◆ 徒競走 ◆◆
d0086253_2251152.jpg


先週の土曜日は、補習校の運動会でした。

快晴に恵まれて、陽射しの強いこと。

どの子も、元気いっぱいでした。

母も、5:30から起きてお弁当を作り、家を出たのが7:00。今年は、8:20の点呼に余裕で間に合いました。

我ながら感心。いつも、早く家を出発したいとは思いつつ、願うだけで叶わなかった我が家。

やればできるじゃん!

最近、日本での運動会は「他と競う」ことを避け、団体競技が多いとか。

ここでは、私が子供だった頃の競技を充分満喫できます。

徒競走だって、パン食い競争だって、花形「選抜リレー」だって。

今年は、アネキがやけに楽しそうでした。

「なんでー?だって、運動会 楽しいじゃん!」と。アネキが運動会に参加できるのも来年が最後。

補習校では、高等部になると選手ではなく「ボランティア」になって、場内アナウンスや競技のデモストレーションの役を担う事になっているから。

「あ゛~来年で終わっちゃうよー!」と残念がることしきり。

来年も楽しんでね。
[PR]
by tnorange | 2007-10-02 22:49 | 普段