アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:普段( 90 )

歯は大事

◆◆ 酵母液 ◆◆
d0086253_2211376.jpg

只今、自家製酵母作りに挑戦中。

これは、10日目を迎えた酵母液です。蓋を開けると、ほんのりアルコールのような香りで、ビンを振るとシュワーっと泡立ちます。

何しろ初めてのことなので、この程度で良いのかどうかもわからない。

やってみるのみです。楽しみ。

。゜。゜。゜。゜。゜

今日のお題は、「歯」。

昨日、Periodonticsの専門医のオフィスへ行ってきました。

もう何年も歯周病に悩まされ、日本にいた頃は2~3ヶ月に1度の割合で、歯医者へクリーニングに通っていました。

それでも状況は改善せず、「下がった歯茎は、元には戻らないから、下げない努力をしましょう」なんて具合でした。

朝・晩と歯を磨き、歯間ブラシにフロス、染め出し液も使ったりと、それなりの努力をしていても
歯石がつくのは人より早く、いたちごっこ状態でした。

町の歯科医では、根本的な治療を勧められたこともありませんでした。

アメリカへ来てからも、もちろん状況は何ら変わらず。クリーニングは、半年に1度は通っていましたが、特にドクターからは何も言われませんでした。

ところが去年の暮れに、奥歯の詰め物が取れてしまい、理由あって今までのドクターとは違う歯医者さんを受診したところ、

「歯茎の状態が良くないね。このままでは、歯を失う事になるよ。若いんだから、専門医で診てもらったらどう?」と、Periodontics(歯周病の専門医)を紹介してくれました。

で、初診を受けたら・・・

「It's terrible...」 あ、やっぱり。

というわけで、まずは2回に分けて deep cleaningをしてから、手術を要するとのこと。

バクテリアの棲家である、ポケットを除去するようです。

手術内容については、cleaningをしてみないと状況を把握できないらしい。(当たり前か)

それでも、下がった歯茎は戻ると言われました。

日本で、さんざん「戻らないよ」と言われ続けたのに。いったい、どんな手術になるんだろう。

どっかを切って貼り付けるとか?

考えると空恐ろしいので、アメリカの歯科医療技術は、高い・・・らしい事だけを信じて、あとは痛みに耐えるのみ?

。゜。゜。゜。゜。゜

それにしても、アメリカの歯科治療費は高い。すこぶる高い。

そのたった2回のdeep cleaning代も、10万円に手が届きそう。(保険でいくらかは、カバーされるが)

私の知り合いは、奥歯を1本抜くのに、約$500支払ったそう。彼女は、歯の保険に入っていないので実費となってしまったのだけれど。

それでも、アメリカ人はとても歯を大切にしていますね。子供の頃から、歯のケアは重要視されているし、歯がきれい(歯並びも含め)なことがひとつのステータスなんですねぇ。

ブレス(矯正のワイヤ)をはめている子供は、全然珍しくありません。

うちのちゅるこも、反対咬合だったので、去年から治療を開始。エキスパンダを取り付けてまず上あごを広げながら、上の歯を前に出す事に約8ヶ月。

その後、それを続けながら前歯にブレスを取り付け、歯列矯正が始まりました。

噛み合せの善し悪しは、体調にも響くのでこの機会に徹底改善を期待しています。

歯は、大切ですよ。もちろん歯茎もね。
[PR]
by tnorange | 2008-04-10 21:59 | 普段

◆◆ 爛漫 ◆◆

日本は、いよいよ桜も満開のようですね。

そう言えば、毎年 近所の公園で「お花見」をしていました。

友達のNちゃんとその娘のあじちゃんと連れ立って。あひるのがー子ちゃんがいたね。

ちゅるこは、「あー、日本でお花見したいなー」とつぶやいています。

この辺りは、桜よりも梨の花が主役。

町のあちらこちらで、見ることが出来ます。こんなふうに・・・。

d0086253_524179.jpg

d0086253_56434.jpg

d0086253_561798.jpg

きれいでしょ。

ちょうど、私たちがここへやってきた時、空港の道路わきでも、この梨の白い花が満開でした。

とても、印象的だったんです。その風景が。

これから始まる新しい生活に、緊張していた気持ちをほぐしてくれるような、穏やかな暖かさと満開の梨の花が。とても。

ここでは、桜よりも梨の花が早春を告げてくれるような気がします。

今日の写真は、ちゅること2人で、撮ったものです。

もちろん、桜だって、とてもきれいですよ。
d0086253_5164331.jpg

d0086253_5165412.jpg

[PR]
by tnorange | 2008-03-30 16:01 | 普段

夏時間

◆◆ 眠いのに・・・ ◆◆

今日から、夏時間がスタートしました。

つらい。つらすぎ。

それでなくとも、朝に弱い(夜も弱いが)私。

6:00の目覚ましで一度は起きて、さらに30分寝ないと起きられない。

その6:00が「あぁ、昨日まではこれって5:00?」と思っただけで、つらさが倍増!

日は伸びたけれど、ホラ、まだこんなに寒かったりするのよ。
d0086253_554765.jpg

        ↑
   テラスに放っておいた、チェルシーの水入れの中でできた氷


不安定な天候が続く今日この頃。

ちなみに昨日は雪が降り、今朝は寒かったけれど、昼間はおだやかな暖かさ。

父は、ゴルフ。私とちゅるこは、テニス。

アネキは・・・

    ↓
d0086253_451750.jpg


アネキは、8年生になって学校のBAND(いわゆるブラスバンド部)に入り、フレンチホルンをやり始めました。

年度末も近づき、普段のBANDとは別に Jazz Band の活動が始まりました。

メンバーは、BANDをやっている生徒の中から、Jazzのセッションに向く楽器を担当している生徒が集められて結成されるそうです。

アネキのフレンチホルンは、Jazzには不必要なのですが、「ピアノ弾きがいない」という理由で、

Jazz Band のピアノ担当になりました。

「キーの軽さに慣れた方がいいから」と担当の先生に持たされてきた、学校のキーボード。

「Jazzのリズムは嫌いだっ!」と言いながら、練習してます。
[PR]
by tnorange | 2008-03-09 15:48 | 普段

灯りをつけましょ・・・

◆◆ おひなさま ◆◆
d0086253_2356264.jpg


今年も登場。

そう言えば、今日は2月29日。4年に一度しか巡ってこない日ですね。

ちゅるこが 「leap day 」 と言っていました。

なんのこっちゃ? と思っていたけれど、今日のことだったんだ。


。゜。゜。゜。゜。゜

このところ、Joyceとマンツーマンレッスン(トールペイント)が続いていました。

マンツーマンと言ったって、そんなに大そうなことでもなくて、ただその日は私以外に誰も来なかったというだけのことなんですけどね。

で、仕上がったのがコレです。

d0086253_048235.jpg


長い間、家で眠っていたハート型のwoodが、やっと捌けた!

出来上がりは、イマイチですね。遠くから、遠ーくから見たほうがよさげ。

深くは追求せず(だから、いつまでたっても腕が上がらない)、次がんばろー!
[PR]
by tnorange | 2008-02-29 09:46 | 普段

2日目

昨日も今日も、学校はお休みです。

昨日は、雪が降り、今日は、その名残り?

子供が別々の学校へ通っていると、こんな時不便だったりします。

インフルエンザなどで、学校閉鎖になる時。雪や凍結で学校閉鎖になる時。

アネキは休みだけど、ちゅるこは休みじゃない。はたまた、逆パターン。いやですね。コレ。

。゜。゜。゜。゜。゜

今朝、起きてすぐにTVのスイッチを入れ、ローカル局のニュースをチェックしました。

画面下に、休校や開始時刻遅れの情報がテロップで流れるんです。アルファベット順に。

その時点では、アネキの学校は1時間遅れで、ちゅるこの学校は表示なし。(通常運転)

「じゃ、お弁当作らなくちゃ」と思って、作り始めました。

いつもTVもつけ、TV局のWebサイトでもチェックするので、今回もパソコンをつけっぱなしにしておきました。

そして、家を出る15分前になって、何気にパソコンを見たら、両方とも「休校」に変わっているじゃありませんか。

「なんだよ~。お弁当作んなきゃ良かった・・・。」

もう少し、早く情報を流して欲しかった母です。

今日の昼ご飯は、お弁当だよっ!
[PR]
by tnorange | 2008-02-28 10:53 | 普段

竜巻

スーパーチューズデーは、予備選挙も高い投票率で盛り上がったようですね。

「お母さんも大人なんだから、投票できるんでしょ?」 >ちゅるこ

「お母さんさ、U.S. Citizenじゃないから出来ないよ。」 >母

「そうなんだぁ・・・」 >ちゅるこ

お母さんができるのは、在外選挙投票かな。


。゜。゜。゜。゜。゜

昨日の夕方、電話が鳴り、

「あっ、おばあちゃん?お母さんに代わります。」と話しているちゅるこ。

義母からの電話にしては、日本時間が早すぎる気もして、もしやまた全然違う人に向かってそんなことを言っているのではないかと、一抹の不安がよぎる。

ちゅるこさんて、結構人違いすることが多いのです。

外を歩いていても、「あっ、○○さんだ!」と知らない人を見て言ったり、電話でも。

だから、駐在員の奥様をつかまえて、「おばあちゃん?」はいかにも失礼。ホント、どきどき。


。゜。゜。゜。゜。゜

電話に出てみると、本当におばあちゃんでした。(ホッ)

トルネードのニュースを見て、心配で電話をかけたとのこと。

「アトランタの方とかって言ってたから、離れてるとは思ったけど・・・」と。

電話、ありがとうございます。

私たちが住んでるのは、テネシーの東の方なので、今回は何も被害には遭っていません。

でも、午後から風が強くなりましたよ。

ちゅるこも学校で、「トルネードが来たら、どこへ逃げればいい?」と先生同士が話していたのを聞いたそうです。

50個以上の竜巻が起きたそうですね。2センチ大の雹も降ったとか。ここ、20数年の間でも最大規模の被害のようです。

我が家にはシェルターなんてないし、竜巻がやってきたら、匍匐前進でベースメントに入るしか手立てが思い浮かばない。

いざという時、どうする?!
[PR]
by tnorange | 2008-02-07 08:33 | 普段

ぽかぽか

d0086253_10173630.jpg


今日は、ポカポカ。

外は、17℃くらいです。予報によると最高気温は、22℃まで上がるとか。

2月ですよ。こんなに、暖かくてだいじょーぶ?

ま、今日1日だけのことのようですが。それでも、異常気象ですね。
[PR]
by tnorange | 2008-02-05 14:47 | 普段

お別れ

今日は、父が勤めている会社のある駐在員ご一家が帰国の途につかれました。

約4年のアメリカ生活。奥さんは、「もう少しいたかったかな」っておっしゃってました。

そのご家庭には、うちのちゅること同級生の女の子がいて、彼女が帰ってしまうのをとても残念がっていました。

「突撃!隣の晩ごはん」じゃないけれど、予告なく空港へ見送りに行きました。

事前に言えば、Nさんのことだから「気を遣わないで下さい」って、お断りされるのが目に見えていたから。

実は、過去にも2度ほど、こうしてお見送りをしたことがあるのですが、結構ドキドキします。

ボディーチェックの前に会えないと、空振りですから。

チェックインを済ませたら、さっさと行く方もあれば、時間がありすぎるからと、待合いで時間を過ごす方もいて・・・。

ただ、家族だけで感慨に浸って去っていくのもいいのかも知れませんが、なんとなく淋しいじゃないですか。

というか、私が淋しくなって行くのかな。

Nさん。日本でもどうぞ体に気をつけて、新しい生活を楽しんでくださいね。
[PR]
by tnorange | 2008-02-04 14:28 | 普段

節分

明日は、節分。

補習校で、1日早い節分の豆まきをしたちゅるこ達です。

ここにいると、そんな伝統行事にもうとくなり、学校帰りに「そう言えば、そうだね」ってな感じです。

M先生。ありがとうございました。帰りの車の中でも、ちゅるこは豆を食べつづけていました。

。゜。゜。゜。゜。゜

普段、神も仏も信じないと胸を張る父。

もちろん、彼には「厄年」なんてものは存在していないはずでした。

年末に、出張で日本へ帰ったとき、同級生がやっている美容院へ行って、2人して話題は「厄年」へ。

「あれって、いつまでなんやろ?」

「あ~、あれは、節分までやに」

「節分が過ぎたら、厄が明けたってこと?」

「そうそう。ちょうどええで、帰りに○○神社でお参りしてったら?」

「そうしよかな」

なんてことを、密かにやってきたのだそうな。

そして、今日。ちゅるこの豆を見て、「おっ、いよいよ後厄も終わったな。よっしゃ。」と父。

何が「よっしゃ」なのかよくわかりませんけど、とりあえず、おめでとさん。
[PR]
by tnorange | 2008-02-02 21:13 | 普段

すべった

昨日の朝。

いつものように、子供たちを学校へ送っていく道中、近所の約90度カーブで後輪がカラ回り。

「20マイル以下に落としたのに。ぼろタイヤっ。(時々スリップするので)」とぼやきつつ、雨の降り始めだったので、気をつけようと思った矢先、次なるカーブでやっぱり「ツルッ。」

しっかりハンドルをとられ、緊張が走った瞬間に見たものは、路肩の林に頭から突っ込んだ車のテールランプと、その横にたちすくむ女の人でした。

態勢を立て直し、数メートル進んだところで警察とすれ違い、その後に消防車が飛んできました。

。゜。゜。゜。゜。゜

昨日の朝、通学時間帯に路面が凍結し始めたらしく、かなりの数の「事故の話」を聞きました。

私が家を出たのが7:35頃で、7:00頃出かけた人に聞いたら「全然問題なかった」そうです。

平時は、1時間くらいで通えるところが、スリップによる事故が多発して渋滞し、通勤に3倍の
時間を要した人もいました。

そして今日。

この周辺の学校は、概ね2時間遅れでスタートしました。

今晩から更に冷え込むらしく、明日の学校も危うい感じです。
[PR]
by tnorange | 2008-01-23 14:21 | 普段