アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おでかけ( 43 )

layberday

◆◆ ガーリックトースト ◆◆
d0086253_54411.jpg


先週末は、layberday weekendで3連休。

今年初のトレーラー出動となりました。
d0086253_6101671.jpg

Great Smoky Mountain National Park内にある、Smokemontというキャンプ場へ。

我が家からは約2時間とちょっとの距離。緑はいっぱい(あっ、家の周りも緑一色)。近い。言う事なしです。


。゜。゜。゜。゜。゜

ここは初めて訪れた所ですが、キャンプサイトが目的(様式?)別に分かれていて居心地の良い空間でした。

私たちが予約したサイトは、ほとんどがテント。トレーラーやキャンピングカーは、発電機の使用可能なサイトに集中していました。

おかげで、日本のキャンプ場のようでちょっぴり懐かしい感じ。もちろん、こっちの方がずっと広いですけれど・・・。

今回はのんびりがテーマ。・・・いつでもかもしれませんが。

食事の仕度以外は、本を読んだり、バドミントンをしたり、川で石を投げたり(何回、跳ねるかを競ってみたり)、ひたすら昼寝にすべてを捧げた人も若干1名。

毎晩、焚き火をしましたよ。焚き火の炎って好きなんですよ。我が家はみんな。
d0086253_631750.jpg
じーっと見ているだけで、落ち着くっていうか・・・。

始めは大抵、火遊び状態なので、アネキもちゅるこもうちわと火ばさみの取り合い。そのうち、父の喝が入って、しゅん・・・となります。

ここからは、ぼーっと眺める時間。おしゃべりしたり、居眠りしたり。冷んやりとした空気の中で、焚き火の前に座っていると本当に気持ちいいものです。

薪も Fire Woodと言って、場内で売っています。ここは、一束$3でした。

アメリカ人も焚き火好きですね。あっちでもこっちでも朝から(結構冷えるので)火が上がっています。
[PR]
by tnorange | 2007-09-04 17:41 | おでかけ

NY再び 2日目

◆◆ Annex Flea Market ◆◆
d0086253_2253451.jpg


マンハッタンでは、移動は地下鉄かバスを利用。7日間の周遊券を$24で買って、乗り放題。

この日は、朝から Flea Marketへ。

ここは、ガイドブックにも載っている 「The Annex Antiques Fair & Flea Market」。

Chelseaにあります。

気乗りのしないアネキ(彼女は、ちゅること違ってアンティークもフリーマーケットも興味なし)も、お買い物。
d0086253_23102415.jpg


このあと、他の Flea Market や Antique shop にも寄って、アルミ製トレーや Fire King の Bowl などをゲットしました。

。゜。゜。゜。゜。゜

午後は、アメリカ自然史博物館。

d0086253_2317850.jpg

1869年に創立された歴史ある博物館らしいです。中でも化石のコレクションは世界最大規模だとか。

d0086253_23241457.jpg
いろんな動物がジオラマで紹介されていたりして、これがおもしろい。

ちゅるこが今回の旅行で一番行きたかったところでした。大人も子供も充分に楽しめますよ。
[PR]
by tnorange | 2007-08-11 22:52 | おでかけ

NY再び 1日目

◆◆ Broadway ◆◆
d0086253_761674.jpg


今夏は、旅行づいてるねぇ・・・なんちゃって。

去りゆく夏を惜しむように、学校まで休ませて。行ってきました。ニューヨーク。

初日からいきなり大失態。寝坊しましたよ。寝坊。おおわらわで家を出て、離陸時刻にやっと空港に到着。

もちろん、飛行機にも乗り遅れ。ひょえ~。

結局、父が他のフライトを押さえてくれて、半日遅れでNY入りしました。

。゜。゜。゜。゜。゜

ぱらぱらと小雨模様のニューヨーク。

前日から降り続いた雨の為、気温が下がり寒い。

ホテルのポーターさんは、そのお陰でちょっと涼しくなったなんて言っていたけれど、寒すぎ。

我が家の辺りは、「ここは日本?!」と思うほど蒸し暑い日が続いていたので、そのギャップはかなりのものでした。

午後3時のチェックイン時間を過ぎて、ホテルに到着。

その後、Ticketsへ行ってミュージカルのチケットをゲットしようとしたものの・・・。

やっぱり、事前予約は必須ですね。特にディズニー系は。

LION KINGを観る予定でいたけれど、SOLD OUT。

2年前に来た時は、美女と野獣を観たけれどその時は前もって購入してあったから良かったのかな。

というわけでブロードウェイは諦めて、オフブロードウェイの「STOMP」というショーを見に行きました。
d0086253_722298.jpg


超有名なSTOMP。・・・って、パンフを見るまではどんなショーなのか知らなかったけれど。

でも、パンフを見て思い出しました。以前、CMで見たことがあったんです。

。゜。゜。゜。゜。゜

身の回りのものを楽器にして演奏するだけなんですけれど、それがカッコいいんですよ。

デッキブラシも、バケツのふたも、手を叩いてリズムを取るだけでも、何かが違う。

最前列で、ステージから飛んでくるホコリをかぶりながらでしたけれど、サイコー!

絶対オススメです。
[PR]
by tnorange | 2007-08-10 23:00 | おでかけ

事件の後遺症

◆◆ ニューオリンズ ◆◆
d0086253_0122718.jpg


サンフランシスコでの盗難事件。復旧作業は、まだ続く。

盗まれた所持品には、父のパスポートも含まれており、再発行をしてもらう為に、ここニューオリンズまでやってきました。

ニューオリンズには日本総領事館があり、テネシー州はここの管轄地域なので、はるばる9時間ドライブを経て来たわけです。(飛行機で行けば良かったのに?のツッコミはなしでお願いします。)

昨年、1人で訪れた父。ハリケーンカトリーナの影響で、まだまだ復興途中だったこの町。

「子供を連れて来るような所じゃないな。」と、もう来る事はなかろうと思っていたのにね。

この際、観光気分全開でいきまっしょ。

。゜。゜。゜。゜。゜

冒頭の写真は、あの有名な「Cafe Du Monde」。ベニエは、とってもおいしかった。アイスカフェオレとピッタリマッチ。

車をホテルに置いて、フレンチクウォーターをぶらぶら歩き。歩いて回れるのは、いかにも観光地という感じです。

この週末は、「Satchmo Summer Fest」が開催されていました。
d0086253_0233470.jpg

JAZZ発祥の地であるNew Orleans。「Satchmo(サッチモ)」こと、Louis Armstrongという超有名なジャズミュージシャンにちなんだお祭り。

生演奏の周りでは、手に手を取ってカップルが楽しそうに踊っていました。





フレンチクオーターの街並みの特徴は、このアイアンレースのバルコニーです。d0086253_0365145.jpg

レース編みさながらに、鉄で作られたバルコニーを持つ優雅なヴィクトリア調スタイルの建物。

バルコニーには、バスケットが吊り下げられて花や緑がいっぱいでした。








それにしても、暑い。

昼間のぶらぶら歩きは、ちょっと辛い。湿度は高く、陽射しも強い。蒸し暑さに慣れている日本人にも辛い。

髪の毛の分け目が日焼けする感じ。わかります?

でも、ここは贅沢を言っている場合ではなく、僅かな時間を惜しむべく、「歩こう♪歩こう♪私はぁ元気ぃ~」と、Cafe Du Mondeに逃げ込んだりしたわけです。

・・・口ほどでもない。。。

月曜日には、無事パスポートも発行され家路へとつきました。

思わぬエキストラバケーションでしたが、「前向きに」をモットーに楽しい2日間を過ごせました。
[PR]
by tnorange | 2007-08-07 22:09 | おでかけ

2007夏 Vacation

いやぁ・・・久しぶりのブログです。

一時帰国から無事帰宅。2日おいて、父は夏休みへ突入。

ということで、カリフォルニアへ行ってきました。

1日目:アトランタから、ロスへ。サンノゼ泊。ビバリーヒルズやサンタモニカなど観光地巡り。

2日目:ヨセミテ国立公園で終日過ごす。父と私にとっては、それぞれ別々に思い出の場所。

私は、今から遡ること20数年前。高校生だった私は、某県が実施した海外の日系企業を視察するという仰々しい・・・何の事はない観光旅行への研修生徒の1人として、20日間のウェストコースト巡りの時に訪れたのでした。

父は、アネキがまだ7ヶ月の時、アネキと私を捨て・・・じゃない、おいて、友達とウェストコースト巡り。

あれから、10数年を経て、それぞれの点は線となって繋がった日でした。

3日目:ナパバレー。ワインのあるところには、うまいDELIあり。チーズもブレッドもサラダもおいすぃー!!

4~5日目:サンフランシスコ。レンタル自転車で、坂道を駆け回る4人。ゴールデンゲートブリッジだって、自転車で走破!

6~7日目:ロサンジェルス。日系スーパー荒らし。本屋荒らし。日本食荒らし。の2日間。
ドジャースの試合も観ましたよ。残念ながらメッツに負けちゃったけれど、スタジアムでの観戦は、楽しいね。

と、時差ボケもなんのその。ハードな毎日を過ごしました。

ただ、1つ。あの事件を除けば、楽しいバケーションだったんですけどね。

。゜。゜。゜。゜。゜

4日目のサンフランシスコでのこと。

次の宿泊地へ向かうべく、最後に紀伊国屋書店へ寄ってから出発しようとしていたあの日。

書店から出て、車へ戻ったら・・・悪夢。・・・なら良かったのに。

車上狙いに遭ってしまいました。人通り、車通りもある所だったし、車外から見えるところに物も置いていなかったのに。

助手席と荷室のガラスが2枚割られて、父の所持品の数々が奪われていました。

恐らく、車を降りるときから狙われていたものと思われます。どこかで、見ていたのでしょうね。

所持品をしまっているところを。

ちゅるこは、道端で声を上げて泣き出し、アネキは、怒りと困惑の表情。

父は、とりあえず911へ電話。

その後は、警察へ行ったりレンタカー屋へ走ったり・・・。散々な日と化けてしまいました。

事細かに綴れば、それはそれは長いお話になってしまうので、ここでは控えます。

ただ、海外での事故ですからね。命が無事だっただけで、良かったと思わなければなりません。

でも、あえて言うなら1つだけ。

カメラのメモリを返せ~!!!
[PR]
by tnorange | 2007-07-22 23:35 | おでかけ

期末テスト

今日から、アネキは期末テストに突入しました。

現地校では、期末テストというものはないし、補習校でも国語と数学のみ。

彼女にとって、貴重な経験と現実を知る機会だと母親としては捉えているのですが・・・。

今年は、中2ということもあって、昨年以上にハッパをかけているのですけれどね。

昨年は、「なんだかわからないうちに、気がついたら終わっていた・・・」という雰囲気が漂っていて、「こりゃ、だめだ」と思いましたとも。

。゜。゜。゜。゜。゜

ただ、学校へ通って授業を受け、友達と話すだけでも身についていくことって多いのだと、海外にいると実感せざるを得ません。環境が育てるのですよ。知らず知らずに。

ノートのまとめ方もその一つ。

今年は、ある教科の教科書を開いて「お母さんだったら、こうやってまとめて、これを覚えるわ」と、教科書に書かれた文章の要点を抜粋し、箇条書きにした見本を書き留めました。

そして、その翌日私が読んだのはアネキがお世話になっている中学校の校長先生だより。

「一夜漬け勉強の今昔」について。

ある大学教授の話が抜粋されていたのですが、昔は一夜漬けでもその内容は自分自身が考え、工夫して作り上げたものであったから、それを作る過程で内容を自ずと理解していく物であったということです。

それによって、学習した内容が定着していったのに比べ、今は塾や宅配教材などで準備された教材を片っ端から埋めていく作業に過ぎないというのです。

だから、断片的に答えを覚えているだけで、試験が終わるとすぐに忘れてしまい、何も身につかないというお話でした。

先に書いたように、私がやってみせたのはまさしく「昔の一夜漬け」です。

それをアネキがどう捉えたかというと「覚え方には個々のやり方がある」という返事。

「自分で要点をまとめ、書いて覚える」ことを推奨したい母。

教科書の要点にラインを引いて、それをクイズ形式で答えていく方法が覚えやすいというアネキ。(もちろん、出題者=母はその時間を割かれるわけですよ)

どうなんでしょうね。

なんだかんだと言いながら、今この時、机に向かってせっせとノートに要点をまとめているアネキですけれど。

昨年に比べれば、随分自主的にテスト勉強をしているのは間違いがなく、良い結果を導くためには、そこへ辿り着くための過程が大切なのだということを、経験してもらいたいものです。

努力なくして、報われませんてば。

たとえ、結果がまずくても充実した過程があれば満足感は味わえるだろうし、それをバネに次へのステップにしてくれれば良いと思うのですけれど。

そんな、母の気持ちを彼女はどう受け取っているのでしょうね・・・。
[PR]
by tnorange | 2007-06-27 19:41 | おでかけ

モリコロパーク

◆◆ サツキとメイの家 ◆◆
d0086253_17973.jpg


梅雨の合間の晴れ。

いよいよ、行って来ました。モリコロパーク。

思い起こせば、2005年3月25日。

愛・地球博の開催日。まさにその日、小雪の舞う中、私とアネキとちゅることチェルシーは、

父の待つテネシーへ飛び立ったのでした。

・・・というわけで、万博へ行けなかった私達。前売りまで買ったのに。

今回、Sかーちゃんの計らいで、万博の名残りを案内されながら、サツキとメイの家へと行ってきたわけです。

。゜。゜。゜。゜。゜

家の中は、昭和の香りがぷんぷん。

懐かしい匂いに包まれました。小道具もしっかりしたもので、茶箪笥の引き出しという引き出しには、ちゃんと「がまぐち」やら「そろばん」やら小物が入っていたり、もちろん押入れには夏蒲団、小さくたたまれたパジャマ。

台所にもしょうゆのビン、お酢のビン・・・と生活感が漂っていました。

応募ハガキを出して、誘ってくれたSかーちゃんと「そうそう、ビンだったよね~」なんて懐しんだりしていました。

2Fへ続く、隠し階段を見つけたら「まっくろくろすけ出ておいでー!」と、叫ぶようにガイドの方に言われていた私達。

Sかーちゃんとその隠し階段を見つけたとき、よそのお子さん2人(4~5歳)がいたので、

「まっくろくろすけ、出ておいでーって、呼んでみて」

と言ったら、可愛い声で呼んでいました。呼び終わって「出てこないね」と一言。

「そうかぁ、上の窓が明るいから、もう外へ行っちゃったのかもね」と言うと、それでも2人で呼び続けていましたよ。

d0086253_1730378.jpg。゜。゜。゜。゜。゜

アネキもちゅるこも幼稚園・小学生時代に仲良く過ごした友達と遊べて、大満足のようでした。

幼なじみっていいわね。

Sとーちゃん、Sかーちゃん、ありがとうございました。
[PR]
by tnorange | 2007-06-23 22:01 | おでかけ

父の遺品

◆◆ 流しそうめん ◆◆
d0086253_17321239.jpg


うちにある、流しそうめん機。その名も「りゅう太」

私の父(この場合、夫ではありません。正真正銘、私の父親、アネキ達の祖父のことです)は、

私が若かりし頃、ガンを患って亡くなったのですが、まぁ、家電大好き父さんでした。

電気屋さんへ行くのも大好き。それも、ミョーな物を買うのが好き。いわゆるアイディア商品と呼ばれるものね。

で、今回ご紹介しますのは、その父が買った流しそうめん機というわけです。

。゜。゜。゜。゜。゜

単1の乾電池4本で動きます。

水をいれて、スイッチオン!

流れるプールのように、水がクルクル回り始め、そこへ茹でたそうめんを投入。

それを、我さきにと争って食べるわけです。結構、うるさいんですけどね。モーターの音が。

d0086253_17393387.jpg


「大勢で食べるには、楽しいじゃない」とは、義母の感想。

ま、イベント機ですから。年に1度、登場すればよしですね。

お父さん!使ってるよ。
[PR]
by tnorange | 2007-06-22 22:31 | おでかけ

七夕ランチ

一時帰国の間に、食べることとおしゃべりの至福の時をお膳立てしてくれる友達がいます。

若かりし頃、某工作機械メーカーに勤めていた私。

同じ職場に配属された、花の同期。「たんぽぽの会」なんて、名前がついていた頃もあった4人組み。

ちょっと、覚えてる?!きっと、これを読んで「そーじゃん!そんな名前もあったねー!」なんて、パソコンの前で笑うに違いない。

たんぽぽの会の頃は、それぞれの子供達も小さかったわね。

それが今や、高・中・小と揃い踏み。

そんな、3人は私が帰るとご飯を食べに誘ってくれます。

マリオットアソシアのとあるお店で、ランチタイム11:30~15:15までフルにしゃべって、食べて、1年分。

いやぁ、足りないね。3時間と45分じゃ。

今年は、思わず「ハグ」をしてしまった、S江ちゃん。

今年もシャネルのトイレに行けたね、Yり。

アスパラじゃなくて、カリフラワーのスープはおいしかったわ、Nず。

ねぇ、ちょっと「Nず」っていうの、ヘンだよねぇ~。ははは。

でも、いつもありがと。

来年は、遅刻すんな~。
[PR]
by tnorange | 2007-06-20 23:40 | おでかけ

遊園地だ!

◆◆ ○○スパーランド ◆◆

d0086253_838458.jpg


梅雨入りしたというのに、初日に雨が降っただけですね。

・・・今日は、しとしと小雨模様ですが。

さて、十数年ぶりに近所の遊園地へ行ってまいりました。前回は、確かアネキが8ヶ月くらいの時。

割引券だかタダ券だかがあったので、隣接する海水プールへ父と行こうということになり、アネキをおばあちゃんに託して出かけたのでした。

あれから一度も来たことがなかったのね。この遊園地。この辺りでは、かなりメジャーな所なんですけど。

。゜。゜。゜。゜。゜

時期を同じくして、一時帰国している子供達のお友達とそのお母さんと連れ立って行って来ました。

絶叫系が苦手な高所恐怖症の私。方や「そっち系は、私が引き受けます」というあちらのお母さん。

こういう人がいると、助かっちゃいます。遊園地は、いつも荷物持ちの私なんで・・・。

子供達もそれぞれに、仲の良い友達同士なので、それはそれは楽しそうでした。私と3人で行くより、ずっと楽しめましたヨ。

Iさん。遠路はるばる、ありがとうございました。母もとても楽しかったです。ボブカートも。

また、テネシーでお会いしましょう。
[PR]
by tnorange | 2007-06-18 08:57 | おでかけ