アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:おでかけ( 43 )

Feild Trip to Smokies

◆◆ スモーキーズ ◆◆
d0086253_1113508.jpg


野球の試合へ行ってきました。ちゅるこ達の遠足の付き添いで。

今日は、D.A.R.E.のプログラムに参加するのが目的です。

D.A.R.E.は、子供達を薬物や暴力から守る為に正しい知識を与える事を目的としている非営利団体だそうです。

この辺りのカウンティーでは、5年生を対象にこのプログラムが実施されます。今回は、それを次年度に控えた4年生を集めて催されました。

D.A.R.E.のプログラムは、英語の説明を私の頭が拒絶しているからか・・・薬物捜索犬のパフォーマンスを見ただけで終了・・・だったような。

その後の野球の試合は、お楽しみというわけです。

。゜。゜。゜。゜。゜

大リーグのしくみにうといので、この「テネシースモーキーズ」についても、正しい説明ができそうにないのですが、このチームはマイナーリーグAAに所属するチームです。

あいにくの天気で、肌寒く、雨のために試合も30分遅延。

d0086253_12481233.jpg


試合前に、子供達が選手のサインをもらっているのを目撃しました。

体を乗り出して、キャップやTシャツを選手に渡してサインをもらう子供たち。

次から次へと、サインを書きつづける選手たち。

野球好きの子供たちにとっては、彼らはヒーローなんだろうな・・・。なかなか、良い光景でした。
[PR]
by tnorange | 2008-05-14 21:09 | おでかけ

Mother's Day

今日は、母の日。

朝、アネキがサンドイッチを作ってくれました。

普段は、起こさないと起きてこないことが多いのに、今日は部屋に入ってきて第一声が、

「お母さん、生クリームある?」

でした。

卵サンドとハム・チーズサンドとフルーツサンドの3種類。おいしかった・・・。

父は、「お母さん(私)は、俺のお母さんじゃないもん。お前たちのお母さんだろっ?」といいつつ、コーヒーを淹れてくれました。

父お気に入りの、オールドノリタケのカップ&ソーサーで、「はい。どうぞ。」

いやぁ・・・母の日もいいもんですな。

朝食を終えて、今日は父とお出かけしました。

アネキとちゅるこを誘ったのだけれど、「遠くへ行くのはいやだ」とお断りされてしまった。

ということで、2人でアンティーク屋巡り(・・・というほども巡っていないが)に出発!

。゜。゜。゜。゜。゜

まずは、フリーマーケット。

日曜日のせいか、天気のせいか、イマイチ店の数が少なかった。

そんな中、父がコレ(楽譜)を見つけまして、値引き交渉。
d0086253_1029083.jpg


「これ、いくら?」 >父

「2つで、$5だよ。」 >店のおやじ

「じゃ、こっちだけなら?」 >父

「そっちは、$2だ。」 >店のおやじ

「じゃぁ、こっちのは$3なんだ・・・」 >父

「2つで、$4でいいよ。」 >店のおやじ

「じゃ、2つで$3にしてくれない?」 >父

「OK」 >店のおやじ

父曰く・・・「最初の値付けは、いったい何なんだ」

家に持ち帰ってから、「Poor Butterfly」の方をアネキに弾いてもらったり、Youtubeで探したら、
JAZZだということがわかりました。

歌詞の中に、日本の女性が出てくるんですよ。父は何も知らずに、買ったんですけどね。

こんなきっかけで、新しい曲を発見できて、ちょっとわくわくしました。

興味を持った方は、Youtubeで探してみてください。Fritz Kreislerというバイオリニストが1917年にレコーディングした演奏がおススメ。

d0086253_10175572.jpg


他には、こんなところへ行きました。初めてのお店です。
d0086253_10193167.jpg
ウィンドウの中に、彼がいた→

あるお店で、偶然父の会社の社長(米人)と奥様にばったり。

なんで、こんなトコで・・・。(結構、家から遠くまで来ていたのですけど)

「この近くの、Mike's のSODAがおいしいよ。」

それが、このお店。
d0086253_10513044.jpg

SODAを勧められては、飲まずに帰るわけにはいかない。でも、甘そうだったんだな。
d0086253_10522280.jpg
ホイップクリームとアイスクリーム付きで、フレーバーがチョコレートかチェリーかバニラ。

そこで注文したのがチョコレート。

見た目通り、甘かった。父とシェア。でも、歩き回った後だったし飲めちゃいましたよ。

d0086253_1124870.jpg

店の中は、ポップな感じでしょ?嫌いじゃないんだな。こういうお店。
[PR]
by tnorange | 2008-05-11 21:03 | おでかけ

Trail

◆◆ チェロキー湖 ◆◆
d0086253_0475851.jpg

今日は、暖かくてとても気持ちがいい日でした。

春休み中の子供達と、近所の公園でウォーキング。約1時間かけて、歩きました。

きれいな空と、湖でしょ。家から車で約3分?

新緑の頃は、もっときれいですよ。

。゜。゜。゜。゜。゜

帰りに、お肉屋さんに寄りました。

地元スーパーには、「薄切り」のお肉は売っていないので、必要な時はお肉屋さんへ。

実は、行くのは何年か振りなんですけど。
d0086253_0573761.jpg


買ったのは、ビーフリブアイ。1パウンドで、このお値段。高いのか安いのかイマイチ不明。

オリエンタルスーパーへ行けば、薄切り肉はありますが冷凍のみで、

「冷凍薄切りは、あんまり・・・」とは、父の弁。

日本人とおぼしき人を見れば、「薄切り肉」と思っているのか、お店の人のほうから

「ペーパースライス?」と聞いてきます。

ポークと言えば、勝手にポークロインを、ビーフと言えば、リブアイをスライスされます。

もう少し、肉の部位をちゃんと調べて、用途に合った買い方をしたいものです。
[PR]
by tnorange | 2008-04-02 22:45 | おでかけ
◆◆ フランク・ロイド・ライト ◆◆
d0086253_4282278.jpg

昨日の、タスカンビアのすぐ隣にフローレンスという町があります。

ここに、アメリカ人建築家 Frank Lloyd Wrightの設計したローゼンバウムハウスという邸宅があります。

1939年に、当時新婚だったローゼンバウムさんから依頼されて建てられてのだそうです。

彼が設計した建物の中で、日本で最も有名なのは「帝国ホテル」ですよね。
(今は、明治村に玄関部分が移築されています。)

残念ながら、今日は日曜日なので建物内に入ることはできなかったのですが、外観が独特で、庭は日本庭園風でした。
d0086253_4464884.jpg


とても素敵なお宅です。今は、フローレンス市が買い取って、一般公開されています。

。゜。゜。゜。゜。゜

今回の旅は、帰ってみれば「そう言えば、記念旅行になったね~」という感じだったのですが、

前々から、行きたかったメンフィスへやっと行けて、パンダちゃんともご対面できて、風景も気持ちものんびりした旅行でした。
[PR]
by tnorange | 2008-03-23 21:26 | おでかけ
◆◆ わぉっ!パンダ!! ◆◆
d0086253_3375840.jpg

実は、私。東京の上野動物園へ行ったことがありません。

私が子供の頃、パンダは動物園のスターでした。

この年になって、実物を見たのは初めてかも。・・・もしかしたら、既に見たという記憶が闇に葬り去られたかも知れませんが・・・。

とにかく、メンフィス動物園で、YaYaとLeLeに会いました。

かわいい。とにかく、かわいい。もっと、だれているのかと思っていたけれど、あっちこっちと歩き回って、かわいさをアピール。

アネキやちゅるこよりも、パンダのそばを離れなかった私って・・・。

そうそう、笹の葉も食べてました。近くに転がっているのは、「とうもろこしの芯」かと思ったら、パンダのpoo(糞)。

ギフトショップでは、リサイクル?エコ?で、パンダの本物のpooを使って紙を漉き、それを使ったミニアルバムやグリーティングカードなどを売っていました。

d0086253_3523361.jpg

他にもこんなに、おっきなカバに驚いたり、久しぶりにはしゃいでしまった・・。

。゜。゜。゜。゜。゜

その後、メンフィスを発って一路、アラバマ州のタスカンビアへ。
d0086253_3574083.jpg

こんな、な~んにもない道をひたすら走りました。ホント、田舎だねぇ。

目指した先は、Ivy Green
d0086253_3584436.jpg

ここは、あの有名なヘレン・ケラーの生家です。

館内には、日本語で書かれた書物も展示されています。ビジターに説明をしてくださった方に、
「あなた達はどこから来たのか」と尋ねられ、「日本だ」と答えると「待っていましたっ!」と言わんばかりに、「ヘレンは、日本へも行ったことがあって、ここには日本語の本もあるのよ」と他の観光客にも説明が始まりました。

ゲストブックには、日本人の名前もあったので、ここを訪れる人もあるのだなぁ・・・と思いました。

はっきり言って、辺ぴな所なので、日本からここだけを目指してくる人は珍しいでしょうね。

。゜。゜。゜。゜。゜

夜は、ホテルの近くにあったステーキハウスへ。

d0086253_4131895.jpg


なんだか、すごくおいしくてね。久々のヒットでした。

テーブルを担当してくれた、エレンというお姉さん(おばさんじゃなかった)がとてもいい人でした。
アラバマ大学にいた頃、日本人が学内にいたそうで、「少し日本語を教えてもらったの」と、
かたことの日本語を披露してくれました。

もっぱらアネキを相手に話していたのですが、私たちはテネシーに住んでいて、旅行に来たことを話すと、

「こんな、何もない所に何のためにわざわざ日本からやってきたのか、不思議に思ったらしいよ。テネシーからの旅行だって知って、納得したみたい。」とアネキ。

そうか、やっぱり、ここは何もない所だったんだ。
[PR]
by tnorange | 2008-03-22 22:39 | おでかけ
◆◆ メンフィス ◆◆
d0086253_3222650.jpg

2005年3月25日。

アネキとちゅること母が、チェルシーを連れてテネシーにやって来た日です。

あれよあれよという間に、3年が経ちました。

あっという間。

かなり密度は濃いけれど。

。゜。゜。゜。゜。゜

ちょうど、イースターを控えGood Fridayで、金曜日は学校も会社もお休みだったので、小旅行へ出かけました。

テネシーに住んでいるなら、メンフィスに行かねば。

エルビス・プレスリーの故郷。(あんまり、興味ないけど・・・) 小泉元首相も行ったし。

d0086253_3281225.jpg

    ↑
エルビスのお家です。

全米で、2番目にビジターの多い個人の邸宅なんだそうな。(ちなみに、1番はホワイトハウス。あれも、個人の邸宅に入るのか?)

中のお部屋は・・・
d0086253_3305462.jpg


d0086253_3311613.jpg


こんな感じ。そう言えば、英語の先生が「趣味悪いよね。あの部屋」と言っていた。んんん。賛成。

私にとっての彼のイメージは、コレに尽きるのですけれど。
d0086253_3341321.jpg


たっくさんのジャンプスーツが飾ってありました。
[PR]
by tnorange | 2008-03-21 21:17 | おでかけ

Lady Vols

◆◆ バスケットボール ◆◆
d0086253_2324547.jpg


2度目のVOLSの試合に行ってきました。

只今のランキングは、全米3位。


。゜。゜。゜。゜。゜


試合は午後だったので、午前中は Crossville という所で行われた Antique Fair を見に行きました。

私がLady Volsのパーカーを着ていたからか、出店しているディーラーのおばちゃん達に、あちこちで、

「夕べは、Volsの試合見た?」と声をかけられました。

「見てない」と言うと、「勝ったのよ!」と興奮気味。 

自分の住んでいる町・州をこよなく愛する人柄が、どの人からもうかがえる1コマでした。

d0086253_2345072.jpg


結果は、ミシシッピと闘って72-46で勝ちました。
[PR]
by tnorange | 2008-02-24 23:29 | おでかけ

ドライブ

◆◆ ケンタッキーフライドチキン1号店 ◆◆
d0086253_5442059.jpg


ケンタッキー州に、Corbinという町があります。

そこに、かの有名なこの方がいました。
d0086253_5462470.jpg


今日は、その第1号店に行ってきました。1930年に、サンダースさんがこの町にCafeを開いたんですって。

今は、ミニMuseumと店舗を併設していて、もちろんそこでチキンを食べる事もできます。

店内は、当時の調理場やダイニングが再現されているんですよ。
d0086253_5493100.jpg


d0086253_5532867.jpg


もちろん、食べましたとも。フライドチキン。
d0086253_5494969.jpg


ここで食べられるというのがいいですね。特別おいしいような気がして。


。゜。゜。゜。゜。゜

帰りはちょっと足を伸ばして、アンティーク屋さん巡り。
d0086253_66685.jpg


お店の前で、追いかけっこをしているのは、父とちゅるこです。
d0086253_5591870.jpg

[PR]
by tnorange | 2008-02-03 22:42 | おでかけ

Perdido Key in Florida

◆◆ 2007 クリスマスバケーション ◆◆

トレーラー
d0086253_8123129.jpg


ここは、パーディドキー。アラバマ州とフロリダ州の州境。
d0086253_8131816.jpg


焚き火とくれば・・・
d0086253_8144418.jpg


コレ↓
d0086253_8152595.jpg


Wineに欠かせない、牡蠣。
ビジターセンターのおばさまに教えてもらった、地元のオイスターハウスで、生ガキに舌鼓。
d0086253_816396.jpg


Perdido Keyは、メキシコ湾に面したリゾート。
黒く見えるのは、サーファー。
♪真冬のサーファーはまるで~カラスの群れのようさぁ~♪ ・・・年がバレる。
d0086253_8183760.jpg


クリスマスに発って、大晦日に帰宅しました。

初の真冬のキャンプもセラミックヒーターで問題なし。さすが、フロリダ。

去年のマイアミやキーウェストのように、水着なんぞは着られる気候ではなかった
けれど、テネシーより10℃は、高いです。

。゜。゜。゜。゜。゜

元旦が明けて2日の今日。

朝は、あちらこちらに白いものが・・・。気温もマイナス4℃。

ギャップありすぎます。

寒いのではなくて、冷たい・・・。

郵便屋さんが来たので、玄関を開けただけ。結局、一度も外へ出ませんでした。

明日は、少しは暖かくなるかな~。
[PR]
by tnorange | 2008-01-02 17:59 | おでかけ

Chattanooga

「1度は行かないと、East Tennesseeに住んだ証にならないよ。」と言われ、以前からそのうち行こうと思っていた Chattanooga へようやく行って来ました。

我が家から西へ約3時間30分くらいの所にある町。

南北戦争の激戦地として、また、Chattanooga chu chuとして知られる観光地です。

行ったことのある方々は、口を揃えて「1度は、行ったほうがいいよ。」とはおっしゃるのですが、

「何度行ってもいい」という人がいないのは、ナゼ?

・・・と、暗黙の了承事項を胸に訪れたのは、「Rock City」 と 「Ruby Falls」。

。゜。゜。゜。゜。゜

Rock City

色々な形の石からなる庭をずんずん歩いて行きます。
d0086253_22364764.jpg

これが結構おもしろい。針の穴と名づけられた、狭い石のすき間を歩いたり、
d0086253_234366.jpg

1000トンもの重さの石を2点で支えている絶妙なバランスの石があったり・・・。

そして、最後に到着するのは、ここです。
d0086253_22193778.jpg

ここからは、7つの州が見渡せるのだそうです。
d0086253_2220367.jpg


。゜。゜。゜。゜。゜

Ruby Falls

こちらは、いわゆる鍾乳洞。エレベーターで一気に、80mを下ります。
d0086253_2310615.jpg

そして、鍾乳洞の中を歩き進むと・・・
d0086253_226510.jpg

地下341mの滝ですよ。辿り着いた時には、「おぉ~」とプチ歓声。

白っぽく写っているのが滝です。滝壷にライトがセットされていて、青や赤や黄色といった具合に、滝を照らしています。BGMつきで。

ちょっと演出しすぎ? と思わなくもありませんが、何しろ地下のこと。

このライトが消えると、一瞬にして滝は姿を消すのです。

そう、真っ暗で水の落ちる音しか聞こえないんですよ。

滝の裏側にも行けて、なかなかのものでした。

。゜。゜。゜。゜。゜

1度は、行ったほうがいい」

というのも、頷けなくはないですが、私達家族は予想以上に楽しめました。

帰りは、アネキのリクエストで 「Chickamauga & Chattanooga National Military Park」 に寄りました。

Visitor Centerには、南北戦争(Civil War)について写真などがパネルで展示されていました。

当時の広告を拡大コピーしたパネルの中に、「黒人売ります」というものがあって、名前と年齢と売値が。

今なお、差別問題の残るこの国の一端を垣間見る気がしましたね。

今回の旅は、ショートステイでしたが、「行ってよかったね」と言えるものになりました。
[PR]
by tnorange | 2007-10-28 21:29 | おでかけ