アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:趣味( 14 )

今日はCeramic

午前中、Ceramicへ行ってきました。

毎週水曜日の午前に、チャーチで開かれているクラスです。

先生のスーザンは、ポッチャリ型の笑顔がチャーミングな人。50代半ばというところ

でしょうか。

私は今、ハロウィンに向けて小さな「かぼちゃ人形」を作っています。作るといっても、

色をつけるだけで、土を練って・・・なんてことはないですよ。

週に1回だし、なんとかハロウィンに間に合いそうな小物を選びました。

。゜。゜。゜。゜。゜

昨日、学校へ子供たちを迎えに行ったら、ちゅるこが

「今日、お姉ちゃんや○ちゃんや×ちゃんが泣いてた」

と言うではありませんか。

「はっ?お姉ちゃんが泣いてた?!」

学校で、アネキが泣くなんて、一体何が起こったの?!

しばらくして、うかない顔をして歩いてくるアネキに事の顛末を聞いてみました。

。゜。゜。゜。゜。゜

コンピューターの授業中に、突然、女友達が椅子からすべり落ちるようにして、倒れた

のだそうです。顔面蒼白、白目をむいて、のどの辺りをかきむしるように・・・。

すぐに、救急車で運ばれたそうですが、既に意識も戻っていたので大事には至らずに

すんだようです。

ひきつけを起こしたのではないでしょうか。その原因はわかりませんが。

クラスは騒然としたようで、女の子達はそのショックで泣いていたようです。

アネキは

「人間って、簡単に死ぬんだな・・・って思った。何ていうか、儚いというか・・・。」

と言っていました。

あの・・・Hちゃんは、死んだりしていませんから。大丈夫。

アネキはこれまでに、人が倒れたり、亡くなったりする瞬間を真近で経験したことが

なかったから、かなり動揺したようです。

命を奪われるというのは、その状況によっては本当にあっけないものだと思います。

だからこそ、尊いのですよね。最も大切にしなければならないものです。

近いうちに、Hちゃんも元気に学校へ戻ってくるよ。
[PR]
by tnorange | 2006-10-04 13:06 | 趣味

Antique

◆◆ Clinton ◆◆

d0086253_7183024.jpg


今日は、とってもいいお天気でしたよ。

朝は、「ぶるっ」と身震いするほど冷えましたが、昼間は30℃を越えました。

気温は結構上がりましたが、空の色はすっかり秋めいてきてすがすがしいです。

そんなドライブ日和の今日、カーナビ試運転を兼ねて「クリントン」という町へ行って

きました。アネキとちゅるこは、まいどっ!補習校です。

8:30過ぎに子供たちを降ろし、迎えの時間15:00までの間が私達のフリータイム。


。゜。゜。゜。゜。゜


クリントンは、初めて訪れる町です。

なぜ、クリントンかというと・・・。子供たちの家庭教師であるMs.Hに、教えてもらった

のです。

「アンティークショップがたくさんあるところだよ」と。

実は、私はアンティークのことは全く知らないのですが、ご近所のEちゃんは大好きで、

日本にいた頃から、買い求めたりしていたそうです。

お茶にお呼ばれしたときに、こちらのショップやヤードセールなどで見つけたという食器の

数々をみせてもらううちに、ちょっぴり興味を抱いて

「ちょっと、覗いてみよかー」

という気持ちになりつつあるところでした。

そんな時にMs.Hから情報をGETしたことと、父がカーナビを購入したことが重なった

今週、「行ってらっしゃい」と背中を押された気がして、訪れたというわけです。

どれもこれも見ているだけでホント楽しいですね。

ひとつひとつの物たちに、時間の流れを感じます。

そして、このクリントンという町も。通りをはさんで、14軒のアンティークショップが建ち

並んでいます。建物も1800年代後半から1900年代初頭にかけてのものだそうです。

ひなびた感じがして、ゆったりとした気分になれますよ。

d0086253_7204948.jpg
おもしろかったのは、アンティークショップの密集具合いに負けず劣らず、
Barberが多かったこと。なぜ?・・・
[PR]
by tnorange | 2006-09-16 17:44 | 趣味

家庭菜園

◆◆ 荒れ地? ◆◆
d0086253_2385431.jpg


ここへ引っ越してきてから、玄関脇を耕して家庭菜園をしています。

去年は、夏に「絹さや」、「いんげん」、「とうもろこし」、「cantaloup」などを収穫し、

冬には立派な「白菜」がとれました。

そして、今夏。私は子供を連れて日本へ一時帰国。その間、

「水だけは、かかしちゃいかんと思って・・・」

と、仕事でここに残っていた父が毎日水やりをしてくれて生きながらえていました。

「なす」、「プチトマト」、「きゅうり」。夏野菜の代表選手のような面々がたわわに実る

はずだった菜園は、ご覧のとおり。

骨折をした私が水やりをするのは一苦労。おまけに除草もできなくて、雑草は伸び放題。

水も満足にもらえず、雑草にしがみつくトマトのツル達。かわいそう・・・。

娘達よ。水くらいやっておくれでないかい。

きっと来夏は、朽ちたトマトからこぼれ落ちた種が、わんさと芽を出すと思います。

来年も一時帰国するんだよね・・・。
[PR]
by tnorange | 2006-09-07 19:52 | 趣味
◆◆ クロスステッチ ◆◆
d0086253_212506.jpg


どんより曇り空の日曜日。

明日、9月の第1月曜日は「Labor Day」ということで、この週末から月曜日に

かけて3連休です。

ミニバカンスを楽しむ人が多い中、我が家はというと・・・。

父は、補習校の近隣研修会の為、土曜の朝からナッシュビルへ1泊2日で出かけ、

明日は、仕事でサウスカロライナへ2泊3日で出かけていきます。

おまけに私はギブスをはめた状態。つまり、我が家にとってはなんということのない

休みが3日間続いているだけ。

昨日は、近所のモールへ行ってぶらぶら。そして2日目の今日は、まったりと

「クロスステッチ」

アネキもちゅるこも私も。こんな時、「娘ばっかりで良かった」と思ったりもします。

アネキは、猫の下絵が描かれた生地に刺していて、ちゅるこは「ゴルフ」をテーマにした物。

「できあがったら、とーちゃ(ん)にあげるの♪」と初挑戦です。

私は、ちゅるこが幼稚園の頃に描いた「ゆきだるま」の絵を方眼紙に写し取って、

それを刺し始めました。

MACからは音楽が流れ、おしゃべりしながら刺しています。

あーのんびり。
[PR]
by tnorange | 2006-09-04 02:35 | 趣味