アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

雪・ちゅるこの歯列矯正

今朝は、この冬初めてのSchool Delay。1時間ほど。

アネキを起こしたら、開口一番「学校休み?」と言われました。

今日は、Gatewayというテストの日。1日でも先送りしたいらしい。残念でした。


今年の冬。去年より寒いです。11月に雪降ったし。

昨日も、ひどい天候でした。おまけに、下校時間が一番ひどくて吹雪のよう。

ま、たまたま雪雲の中に入ってしまっただけで、その30分後には嘘のように青空まで覗いていましたけど。

1日中、吹雪と小康状態を繰り返していました。

この季節、朝起きるとパソコンを立ち上げ、School Closingをチェックするのが日課になります。

先週、娘の家庭教師の先生に、「アドレスを登録すれば、テレビより早くClosing情報を携帯にメールしてくれるサービスがあるよ。」と教えてもらって、早速登録。

今朝は、5時過ぎに某テレビ局からメールが届いていました。

でも、気づいたのは、パソコンを立ち上げた後だった・・・次回からは、まず携帯をチェックしよ。

。。。。。

午後は、久しぶりにちゅるこの矯正歯科のアポがあったので、学校帰りに連れて行きました。

彼女の歯、上の永久歯が2本ほど足りなくて。まだ、乳歯が抜けていないのだけれど、レントゲンで見るとはっきりとないことがわかる。

で、ドクターは「今、ベイビーティースを抜いて奥のパーマネントティースを寄せた方がいいと思う」とおっしゃる。

3ヶ月くらいで永久歯がはえそろうだろうから、歯医者へ行って乳歯を抜いてもらって、3月頃来院してほしいとのこと。

ま、いずれ抜ける歯だからして、それでお願いします‥ということになりました。

そこからの話はとんとん拍子でして。かかりつけの歯科医と矯正歯科医が隣同士にあることのメリットを実感させられました。

「歯医者は、どこに行ってるの?」> ドクター

「隣です」> 私

「Dr.Bakerね。じゃぁ、歯を抜く為にアポを取ってあげるよ」> ドクター

と、受付のDonaさんに電話をかけてもらって、お隣りの歯科医院へ移動。

受付の人が、矯正歯科医院からレントゲンを借りてきてくれて、ドクターに尋ねたら今からでも抜いてくれるとのこと。

いつもは、何週間も待たなければいけない歯医者のアポイント。

これをムダにすべきではないと、即答で「抜いてください」と言ったものだから、あわてたのはちゅるこさん。

「えー?!今から?!えーーーー?!!!」

痛みに弱い彼女は、「においで、気分が悪くなった」だの「お腹がすいているからムリ」だのと抵抗を試みるもあっさり却下。

麻酔するもの。全然痛くないから。そういう点では、日本よりずっと大げさで親切だから。

結局、2本のうちの1本を今日、残りを木曜日に抜いてもらうことになりました。

。。。。。

治療が終わり、呼ばれて行ってみると鼻に酸素マスクをはめられて、止血のガーゼを噛みしめているちゅるこがいました。

助手の女性に、「She is good patient!」、「Good」と何度も言われ、まんざらでもない様子。ホントに、あんたは単純だね。

帰宅してからは、「お腹すいた〜」「血がでるぅ〜」をセットで何度も繰り返しているうち、静かになったと思ったらソファで寝てました。

9:00p.m.過ぎにやっと起き出して、夕飯を食べました。10:00p.m.に父が帰り、11:00p.m.を過ぎても「ぜんぜんっ、眠くない!」とちゅるこ。

そりゃそうだ。起きたばかりだから。でも、寝てよ。誰よりも寝起きが悪いんだから。
[PR]
by tnorange | 2008-12-02 23:43 | 普段