アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Summer Vacation 2008 in Canada 後半

花・花・花
d0086253_1055643.jpg

d0086253_10245727.jpg

おまけに市場の花
d0086253_10251340.jpg


とにかく、ケベックシティーは花でいっぱい。

あちらこちらに、ハンギングバスケットが吊り下げられ、色とりどりの花が見事に咲いていました。

とても手入れが行き届いていて、アメリカではあまり見かけない街並みでした。

父は、ちゅるこが幼い頃、半年以上UKに滞在していた時期があったので、このヨーロピアンな街並みがことさらお気に召したよう。

「やっぱり、いいよなぁ。花だよな。花。」と初めてのケベックに感慨深げでした。

。゜。゜。゜。゜。゜

ケベック州は、カナダで一番大きな州でしかも唯一、フランス語が公用語という所。

周りは、フランス語が飛び交ってさっぱりわかりません。

レストランやホテルでは、フランス語訛りの英語でこれまた、やや難解。

ま、私にしてみれば、テネシーに居てもわからなさ加減はさほど変わらないか・・・とやや自嘲気味。

ただ不思議なもので、これだけ通じない環境にあると、英語のありがたみを感じてしまうのですよ。

私ですら。

。゜。゜。゜。゜。゜
d0086253_10291224.jpg


このホテルを拠点に、新市街・旧市街(アッパータウン、ロウア-タウン)へ徒歩。

世界遺産の街を、歩きに歩きました。
d0086253_10422160.jpg


市制400周年だったこともあり、街は大盛り上がり。

街のいたるところで・・・
d0086253_1050321.jpg

d0086253_10505522.jpg

こんな、パフォーマンスを見ることができました。

とどめのパフォーマンスといえば・・・このお方。
d0086253_10552879.jpg

ポールマッカートニーです。

400周年記念イベント。

押しかけた観客は、テレビのニュースによれば約20万人。北米でのコンサートは、2005年以来だそうです。

2日前から並ぶ人あり。なんてったって、タダですから。

会場がホテルから近かったこともあって、初めは家族全員で行く予定でしたが、何しろ昼間からすごい人。

早々に諦めた私たちと、諦めきれない父の二手に分かれ、父だけが数時間立ちっぱなしを覚悟で出かけました。

これがホテルから撮った会場の観客です。
d0086253_111242.jpg


こんなにたくさんの人達を、生で見るのも初めてです・・・。圧巻。

窓の外からは、ギターの音と共に歓声が。テレビからは、インタビュー映像が。

なんだか、すごい夜でした。父は、開場前の待ち時間も含め、約8時間以上立ちっぱなしだったと思います。

深夜を過ぎて、興奮覚めやらぬ父のご帰還。前座2組の後、9:30p.m.頃スタートしたポールマカットニーのコンサートは、2時間半にも及んだそうな。

「もう、一生、見れん!サイコーッ!!!」の父でした。
[PR]
by tnorange | 2008-08-12 20:54 | おでかけ