アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ダウン

◆◆ でかい ◆◆
d0086253_1163897.jpg


遂に、アネキがダウン・・・したのは、先週の土曜日の事。

朝、38.5度の熱があり、補習校は欠席。

ここ、1~2週間ずっと体調不良でした。せきが出たり、鼻水が出たり。

地域によっては、インフルエンザも流行り出し、アネキの中学校では胃腸風邪の生徒が続出。

「時間の問題かな・・・」と思っていた矢先の事でした。

。゜。゜。゜。゜。゜

市販のイブプロフェンを飲んで、土日の2日間を寝て過ごし、熱も下がって昨日は学校へ行きました。

そして今日。

昼の11:30頃、「吐いちゃった・・・気持ち悪いから迎えに来て・・・」とアネキから電話。

いよいよ、病院行きか・・・。

一旦、家へ戻ってから病院へ電話して予約を取り、夕方連れて行きました。

結果は、インフルエンザでもなく(その検査もなく)、腹痛ものどの腫れもひどくはないらしい。

ただ、ドクターに「Tomorrow, no school!」と言われ、きっと心の中でガッツポーズをしたに違いないアネキを横目でチラッと見た母でした。

処方箋を受取って、薬局へ行ってもらった薬がこの写真。

そのサイズに驚き。幅 1cm×長さ 2cmサイズ。飲めないってばこんなの。

(参考までに、爪楊枝を上に置いてみました。大きさを想像してみてください。)

なんでも大きけりゃ、いいってもんじゃないでしょうが。

アネキは、初めそのまま飲もうとしたので、

「いくらなんでも、無理でしょっ!」 >母

半分に割って渡しました。

「アレ。半分でもつらかった・・・。1個なんて、絶対ムリ」 >アネキ

言わんこっちゃない。

以後、10日間。1日2回、服用。

「早く治れ。」 >母
[PR]
by tnorange | 2008-02-12 21:05 | 家族