アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

節分

明日は、節分。

補習校で、1日早い節分の豆まきをしたちゅるこ達です。

ここにいると、そんな伝統行事にもうとくなり、学校帰りに「そう言えば、そうだね」ってな感じです。

M先生。ありがとうございました。帰りの車の中でも、ちゅるこは豆を食べつづけていました。

。゜。゜。゜。゜。゜

普段、神も仏も信じないと胸を張る父。

もちろん、彼には「厄年」なんてものは存在していないはずでした。

年末に、出張で日本へ帰ったとき、同級生がやっている美容院へ行って、2人して話題は「厄年」へ。

「あれって、いつまでなんやろ?」

「あ~、あれは、節分までやに」

「節分が過ぎたら、厄が明けたってこと?」

「そうそう。ちょうどええで、帰りに○○神社でお参りしてったら?」

「そうしよかな」

なんてことを、密かにやってきたのだそうな。

そして、今日。ちゅるこの豆を見て、「おっ、いよいよ後厄も終わったな。よっしゃ。」と父。

何が「よっしゃ」なのかよくわかりませんけど、とりあえず、おめでとさん。
[PR]
by tnorange | 2008-02-02 21:13 | 普段