アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Japanese culture

◇◇ moving beans ◇◇
d0086253_2314612.jpg


ちゅるこの担任から、「興味があれば、日本文化を子供たちに教えてもらえないかしら」と声をかけられたのが先週末。

「えっ・・・」

I was nervous. ええ、とっても。

でもって、担任の先生は「わかる、わかる!私もナーバスになるもの。日本語で何か言ってって言われたら。でも、大丈夫。あなたの英語はクリアよ」

なんて、さすがアメリカ人。おだて上手。

というわけで、行ってきました。3年生を対象に、日本文化の紹介。約2時間。

この日は、強力な助っ人を伴って。それは誰かって?ご存知アネキ。

実は、5年生以上は「Middle School Trip」で今週はずっとフロリダへ行ってしまっていたのです。

けれど、昨年末のバケーションでフロリダへ行った我が家。物の見事に行き先がラップしていて、さすがのアネキも「私は、行かない」ということで、学校に残っていました。

そのアネキにフルにヘルプしてもらいつつ、この日の授業となったわけです。

内容は、着物と浴衣の紹介。漢字・ひらがな・カタカナの紹介とカタカナでネームタグを作成。

箸の使い方を教えて、「1分間。豆つかみレース!」

それ以外にも、ちゅるこの日本の教科書や、雑誌の紹介などをしました。

アネキとちゅるこは、浴衣を着たのですが、予定外に先生にも浴衣を着付けるはめに・・・。

担任の先生が自前の浴衣を持参していたから。

。゜。゜。゜。゜。゜

結果良ければすべて良し・・・かな。

子供たちも楽しそうにしていたし、私はどっと疲れましたけど。

最後は、「ありがとうございました」と日本語で言われました。

ささやかな、文化交流の日。

担任の先生は、

「英語と日本語は、全然違う事がわかったね。私たちが日本語を話すのが難しいように、ちゅるこが英語を話す事もとても難しいことなのよ。」

とフォローしてくださいました。

親としては、その一言が有り難かったですよ。

有意義な日でした。
[PR]
by tnorange | 2007-05-04 22:29 | 普段