アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

慣れっこ

◆◆ Christmas place ◆◆
d0086253_22242889.jpg


今日も、父はいません。

今、工場に新規ラインを敷設するため、日本からたくさんの人が出張で来ています。

その方々のお相手も駐在員のお仕事のうち。

それは、我が家の父に限らず。Thanksgivingあたりから土曜日や日曜日は、観光やらゴルフやらあちらこちらへとご案内係。

毎週それが続くと、こちらも慣れたもので、家にとどまらず「父ぬき」でどこかへ出かけようということになります。

私達3人は、「Christmas place」と「DollyWood」へ行きました。

Christmas placeには、クリスマスツリーのオーナメントやデコレーショングッズなどクリスマス用の飾り物がいっぱい売っています。

かわいい~♪ものから、シックなもの、ゴージャスなものまで色々。

今年、テネシーで2度目のクリスマスを迎えるわけですが、日本のクリスマスと違うなと感じたことが・・・

クリスマスは、やっぱり「ジーゼス(キリスト)」の誕生をお祝いする宗教行事なのだということ。

家々の電飾にしても、お店で売られるクリスマスグッズにしても、「ジーゼス」にまつわる何かがあります。

その多くは、ジーゼスが誕生した場面を人形で模したもの。

そういう物を見ると、日本のクリスマス商戦しか知らなかった私の狭い世界がまたひとつ、「経験」として広がったかな・・・なんて、思います。

恥かしいほど、ささやかですけれどもね。

。゜。゜。゜。゜。

買い物を終えて、DollyWood(遊園地)へ行ってきました。

d0086253_2326153.jpg

DollyWoodは12月30日が最終日で、次は来年4月になるまで閉園されるので、私達はおそらく今年最後になったと思います。

(この写真に見覚えのある方。そう、いつぞやKファミリーと行ったときに紹介したあのツリーは、ライトアップされるとこのようになるわけです。)

今日は、「O' Holy Night ~Discover the true meaning of Christmas ~」というお芝居を見ました。(実は、これが見たくて行ったんですよ)

本来のクリスマスの意味を発見(再確認とでもいいましょうか)という内容で、昨年、私が大好きになった歌「O' Holy Night」も歌われました。

最後にパレードを見て、ケトルコーン(ちょっと甘めのポップコーン)を食べながら帰ってきました。

寒かったけれど、ちょっと嬉しいこともあって(ヒミツ!)、行って良かった。
[PR]
by tnorange | 2006-12-10 22:22 | 家族