アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

修理完了!

やっと、冷蔵庫がなおりました。

先週の金曜日に壊れて以来、1週間。クーラーボックスに氷を入れては溶け、

溶けては入れてを繰り返しながら過ごした1週間。やれやれ。


。゜。゜。゜。゜。゜


アメリカ人は、とてもおおらか。時間なんて気にしない。

「急ぐ」とか「慌てる」という言葉はないのかと思わされる事もしばしば。

今週に入って、火曜日にサービスマンのようなおじさんが冷蔵庫をチェックに来ました。

「30分くらいで着くから」

と電話をもらったけれど、30分過ぎたって来やしない。1時間が経過した頃、ようやく到着。

調べてもらった結果、コンプレッサを交換しないとダメだとのこと。

「今、オーダーしたから木曜日に届く。交換は金曜日に来て、2時間くらいかかる」と

言い残して去っていってしまいました。

そして昨日、そのコンプレッサが予定通り届きました。ここで余談ですが・・・

「ピンポン♪」

とチャイムが鳴ったから出てみると、荷物だけ置いてUPSのお兄さんは、既に車の

ステップに足がかかっている。

と、ある時は

「ピンポン♪」

玄関に出てみたら、もうUPSの茶色い車は発車していた。

ピンポンダッシュのようなその対応、どうにかならないものか。

日本人の見慣れない名前の宛名に、ちょっと退いているのかもしれないと思う私。

だって、よくお隣さんの荷物が間違って届くのだけれど、お隣さんはもちろんアメリカ人。

ドアを開けると、「××さんですか?」って荷物を持って逃げずに立っているもの。

話を戻して・・・

そして今朝の事。8時過ぎには電話があって、また

「30分くらいで着くから」

と言うおじさん。「はいはい、また1時間ね。」と思っていたら、本当に1時間後に来ました。

ある意味、時間通り?・・いや、ちょっと違うでしょ。


。゜。゜。゜。゜。゜


修理は、轟音と共に(ガスを充填していたのかな)約1時間15分くらいで無事終了。

夕方には、ひんやりした冷蔵庫が戻ってきました。

自宅内キャンプ生活から解放!いかった。
[PR]
by tnorange | 2006-09-22 19:04 | 普段