アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こけた

◆◆ 私の友 ◆◆

d0086253_201192.jpg


今朝、思い切りこけた。でで~んって。床に突っ伏して。

足、腫れててね。むくみなのか腫れなのかわからいのだけれど。

ギブスを取ってから、ずっとこの状態が続いています。痛いのよね。足首も足の裏も

ふくらはぎも。

だから、クラッチを使って歩いていたら、クラッチの先が家具に当たったのさ。

先っぽがゴムだから滑りが悪くて、クラッチはその場でストップ。体勢を立て直そうと

出した左足の小指をぶつけて、

「ひぇ~」

って感じでこけた。

よくありませんか?椅子の脚やテーブルの脚に指の先をぶつけることって。

あれ、痛いでしょ?今日は、それ。んでもって、右足が使い物にならないから勢いに

まかせて半ばやけになって、こけてみました。痛すぎる。小指。

ごめん、アネキもちゅるこもすごく心配してくれてたの。

父?なかなか、ブログに登場しないでしょ?だって、家にいないのですもの。

週に、2泊3日ペースで出張してます。


。゜。゜。゜。゜。゜


は~。ため息でちゃいますね。

この不自由な体がね。クラッチも便利かと思いきや、脇の下は痛くなるし、手のひらは

鉄棒の練習に励んだかのように、手の皮が厚くなるし、痛いし。

昨日は、Kマートへ行ったら、カスタマーサービスのカウンターから、おばちゃんが

出てきて、「車椅子いる?」って声をかけてくれて、クラッチも預かってくれました。

でも、車椅子なんて乗りなれていないでしょ。電動ならまだしも、両手でえっちら、おっちら

車輪を回すのも一苦労。手は真っ黒。


こんなことになってみて、初めて知ったことってたくさんありますよ。ホント。

これも老後のいい経験かな。いやいや、私自身の老後を語るには早すぎる。

せめて、介護ということにしておこう。
[PR]
by tnorange | 2006-09-13 01:33 | 家族