アメリカのテネシー州に住む家族4人と犬1匹のお話


by tnorange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バレーボール

           ◆◆ 真っ赤な収穫 ~from our garden~ ◆◆
d0086253_2165021.jpg


今、アネキは学校のバレーボールチームに入っています。

こちらのクラブ活動は、日本の中学校の部活動とは違う点も多々あります。

まず、活動期間。ここでは年間を通して活動があるわけではなくて、シーズン制です。

活動期間が決まっているの。

例えばバレーボールの場合は、特に短くて毎年8月と9月の2ヶ月間です。

だから、活動期間の重なっていないクラブなら、一人の子供がバレーボールをやって、

次にバスケットボールをやったりということが可能です。

また、多くのクラブは「トライアウト」と呼ばれる入部テストがあります。

それにパスしなければ、クラブに参加することはできません。結構シビア。

ちなみにバレーボールはトライアウトがありませんでした。あしからず。


アネキは去年から参加しているのだけれど、去年以上に張り切っています。

コーチも力が入っているようで、練習は毎日。先週は、5日のうち3日も試合がありました。

他校への遠征試合もあり、親の送り迎えと応援付き。

ここでも日本との違いがひとつ・・・。試合会場には、必ずお父さんの姿があること。

クラブ活動に限らず学校のイベントの父親参加率の高い事。

日本のお父様方がご覧になったら、はて、どう思われるのでしょうね。

ちなみに我が家の父は、去年は1度だけ応援に来て、終わったら会社へ帰っていきました。

今年は、会社の方から

「昨日バレーの試合で、××っていう名前を見かけたけど、あれは、君の娘かい?」

なんてメールをアメリカ人から受け取ったらしく、

「試合のスケジュールを知らせてくれない?」と気にしています。かと言って、なかなか

応援には来られないのですけれどね。父!待っているよ!

。゜。゜。゜。゜。゜

アメリカ人の会話を日本語にすると、なぜか海外ドラマの吹き替えみたいな表現に

なってしまうのが悲しい・・・
[PR]
by tnorange | 2006-09-02 21:00 | 家族